30年(移転新装オープン)

7年目に入った頃 最悪の経営状態になりました

5人いたスタッフは全て辞め、そして誰も居なくなった状態です、そんな時いつも支えてくれたのがお客様でした。拭き掃除を手伝ってくれたり、タオルの洗濯を手伝ってくれたり、本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。それと同時に 私はいったい何をやっているんだ❗って自分への怒りと苛立ちで毎日苦しく長い日々でしたね

身内にはまた元の半分に縮小するか、閉店して 就職するか、その2つの選択を提案されましたね。そりゃもちろんです、テナント料も払えないぐらい追い込まれていましたから

私ももちろん考えました 毎日考えましたよ

でも、どんなに考えてもそのどちらの選択も私にはどうしても嫌なものでした。

ある日夜眠れない時、自分が働くのだったら どんなサロンがいいのか 眠くなるまでとことん書き出しました。

そして次の日それを今度はスタッフさんの声だと思って 見てみました。

とんでもなく無理そうな事ばかり( ;´・ω・`) でもこれを少しずつでも叶えて行く事が私がやるべき事なんだ❗って思ったんですよね

私は20代最後の決断をしましたね~今までと同じ事を繰り返さないように

全ての仕組み 就業規則を作り直し閉店も 縮小もせず 移転を選択しました

それは大成功でした。今までとはレベルの違うスタッフが集まり 私の新たなる30代が始まりました。